人気ブログランキング |

日々のことを気の向くままに


by まめもぐら

観てきました

県立美術館で開催中の北京・故宮博物院展に行ってきました。
a0114330_1750040.jpg


きらびやかな装飾品、調度品、衣服や絵画がずらり。

金の糸をふんだんに使い、龍の刺繍が施された皇后の衣服。
人の手によって丁寧につくりあげられた最高級の品々。
冠や髪飾りなどの装飾品には、翡翠や瑪瑙、珊瑚など様々な宝石がちりばめられ、
気が遠くなるほど細やかな細工に見入ってしまいました。

清、明の時代。当時の技術のすばらしさ。
これらがすべて人の手でなされたものかと驚きました。
今や機械製造が主流の時代。
人間の手が作り出す技術というのは、
もしかして退化してきているのではないかと感じてしまいます。
いや、もちろん、今でも手仕事を大事にする職人の方々はいらっしゃいますけど。
でも手仕事が少なくなってきているのは確かなこと。

何百年も後の世にも当時の美しさを保ったまま残されるのは、
人の手が生み出す作品ですよね。
それらには、丁寧さや美しさだけでなく、力強さや作り手の魂も感じられます。
それゆえ観る人を魅了するのでしょうね。
by mamemogura | 2012-06-16 18:22 | おでかけ